スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RANE SERATO SCRACH LIVE 3 (SL3)

11-07,2011

ブログ書きまくりでどんだけ暇なんだよ・・・って思われる方がいるかもしれませんが
書ける時に書きたい事を書いているだけですので心配ご無用です@q@

自分はDJをする道具としてはアナログな装置しか所有していません。
シンセはあってもCDJもMIDIコンも持っていません。

気にいったMP3をちょい聴きで買うだけではなく
DJの為に買おうと決めた時にPCDJが必要になる事は理解していました。
そのPCDJをするにあたってコントローラーをどれにするかで大変迷いました、実に半月は・・・
長らくDJもしておらず、タンテが箱の中だった事もあり
新しくMIDIコン用意してもいいかな@q@
そう迷っていた矢先に発表されたのがVESTAX社のVCI-400。

正直目がくらみました。かっこよかったし@q@
赤いフィルターノブが綺麗ですよね。
たぶん7万円ぐらいかな?-・

ただ発売日を見ると12月頭と全然先の話だった為に
そんなに長い間待ちつづけていたら熱も冷めちゃう・・と次に目を付けたのは
RANE SERATO SCRACH LIVE 3 略してSL3といわれるものです。
これは別に新しくもなんでもないものですが、
わかりやすく言えば(特殊な)レコードを使ってMP3をMIXできるものです。
他のメリットとして現在所有してるレコードも併せて使えるというところがあったりします。

手慣れたレコードでMIX作業をするわけなので操作性は最高です。
ただ機材持ってない人は初期費用が高くついてしまう事とかなりの場所を食います><;
何よりピッチの調整もアナログで行う為、BPMのシンク機能とかありません!
合わせたそばからずれていきます、w、

bpm120のmp3をターンテーブルとレコードを使用して再生していると
PCのソフトウェア上では119.8~120.2ぐらいの幅で揺れてますのでアナログだなーと実感します。

私がMIXをやってて楽しみを覚えるの作業の一つにこのピッチ合わせがありますから
その仕事をコンピューターに取られるのはなんだか・・・という気持ちに

DJがする事なんてあまり多くないんです
 1.選曲
 2.ピッチ合わせ
 3.フェードイン(ミックス)&カットイン(スクラッチ)
ぐらいなんです。これの繰り返しです。

3はみんなの目にわかりやすい作業で忙しそうに見えるような事があるかもしれません。
ジャンルによっては2はぶっとばしたり2も3も無かったりしますが大体はこの3つです。
これ以上コンピューターに仕事取られたらDJがニートになってしまうよ><;

SL3は私にとっていい選択
配線がえぐいですけどね・・・w

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。