スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Project DIVA-AC第4回応募曲 10のやるべき事2

05-01,2013

高域関連(ハット)でかい削る
その他高域も?
mainベースなんとかならんか
サブベース高域でかい?
キック小さい?ベースがでかい?
展開後のpipopad0.2db上げてみる
リン、勝利の発音がいまいち
馬の声と足音少しあげる
underリフのディレイバランスをも少し調整

早く終わらせたい・・・ もうしばらくこの作りかけの曲ばかり聴いているので
理想がわからなくなっています、あまり宜しく無い状態ですね。

GWがこれに消えてなくなりそうです。


早く終わらせたい・・・ それではまた

Project DIVA-AC第4回応募曲 10のやるべき事

04-22,2013

Project DIVA-AC第4回応募曲10の課題

・第一ゴーストパーカストラックがミュートになってないか?聞こえない
・馬の足音音量上げる
・集団での鬨声サンプルを探す

・キックの高域見直し(EQ)
・キックのリリース部分下げてみる、またはゲート

・全体的にリバーブ量下げてみよう(特にスネア)
・全体的にディレイ量下げてみよう(FXチャンネル)

・パッド(対リンボーカル)のEQ見直し
・ベースのSCコンプのレシオ確認
・パッドのコードに違和感
・ブレイク後のメロパートのハーモニー違和感(7bar目)
・パッドのハーモニーに違和感に違和感(7bar目)

・マスターのコンプ設定(中低域)

・ブレイクのFX音2回のEQ調整(高域高すぎる)

リン関連
・リンの6番7,8bar目、音量少し上げる
・リンのイントロ、素足の「す」をはっきり
・リンの、「別れ」が「わかめ」に
・2度目の展開後のリン声音程調整


そろそろ締切なんですが、色々と気になってしまうものです
週末はあと二回、間に合わなかったらその時の形でいきましょう。

一番不安なのは作ってた時に気にならなかったハーモニーに音を足しているうちに違和感を感じるになる
ルート音考えないで後先考えず打ち込んじゃう時が時々あるんですよね
これ修正しきれるか自身がありません
でもそんな勢いを大切にしたい・・ 
そんなわけでもうしばらく頑張ります

ただ、DIVAに受けそうなものとは調子の異なる曲調で全く自身はありません。

>・曲の長さは最長3分 推奨:2分40秒(規定範囲:2分20秒以上~ 3分00秒以内)
>・リズムゲームに重要な、『疾走感』のあるアップテンポな楽曲を優先して採用します。
これ満たしてるからまだ可能性はあるんじゃないかとすら思ってしまいますね。
『疾走感』のあるアップテンポな楽曲・・・なんて抽象的なんでしょうか。

この募集、毎日10曲前後近いペースでアップされていっています。
もう応募曲は300を超えてるんじゃないでしょうか。
そのうち採用される数というとどうでしょう、既に何曲かシード曲の様なものがあるのかはわかりませんが、
それを考慮して20はあるかどうか、もっと少なかったりするかもしれませんね。
昨日もとてもいい感じのトランスとかハピコアがあがってましたね
自分の曲より好きでした・・

それではまた

試用期限の切れた女リン

10-18,2012

やる気だした途端にこれです

WS000085.jpg

音だけ粗方つくった後に、さぁ声の方やろうかなw と思ったらこれ!!!
最初目を疑いました、あれ、え!? 俺、何か起動するソフト間違えたかな?
しばらくして・・
なんで俺が!????
なんで今やねん!!!!!!!!!!!!!
と声を荒げてしまったょ

前回OSから再インストールし直した時に、リンレンのアクティベートだけすっとばしちゃったんですね。
アクティベートすればいいんですがディスクは大阪なのでいますぐには無理ですね・・・
一度帰る予定があるけど来月だし、その上一度火がついちゃったので不完全燃焼のまま来月まで過ごさないといけないとか拷問
なんというか恥ずかしい失敗です。

冬が来るまでには作りたいんですが11月中なら大丈夫かな
クリプトンさん、1週間だけでいいので100円ぐらいの課金で使用できるコード売ってくれませんかね。。。
私は今やりたいんです

それではまた。

アナログの今後

10-09,2012

所持しているレコードをどうするかで長い間悩んでいます。
こないだ勝手に売られそうになったりしてね!余計に・・・というのはまぁいいんですが
中には2度と針を落とす事すらないレコードもあるのか等と考えると少しもったいないなと。
一番の問題は場所ですね、本当にかさばるんです。しかもとんでもなく重い。今の私は80枚一箱(10Kg弱)のダンボールを持って3分しか歩けない程に体が劣化しています。
米袋ならもう少し持って歩けるんだけどな。。よく考えたらいつも買ってる米袋は5Kgでした。
場所を気にせず保管の約束がされている生活環境があるような人なら何も気にしなくていいんですが、私は生活環境がコロコロ変わるので時折不安になるんです。
これまでに何度か検討したレコードのデジタル化は大変で最悪です、音質を考慮すれば等速録音しかありえないという点で致命的。
シングル両面だと1枚で15~20分は録音だけでかかるので100枚あったら1,500分1000枚で15,000分。これは250時間、まる10日と半分です。
あれ・・なんか頑張ればいけそうか?
いや実際には録音した後、波形の頭とお尻を綺麗にカット編集しへたれた音圧をノーマライズ、マキシマイザで復活させたり、
ファイルにご丁寧に名前を付けたりする等で実作業時間にするとその倍以上はかかるんですけどね。

自分でやるのはしんどいから代行業者(しかし糞高い)や第三者にお任せしたいのですが、第三者というこの部分が法に触れるらしくそれもできません。
正確には著作権者の同意を得れば第三者による録音も可能なんですが、一枚一枚確認を取って作業をする等そんな事は事実上無理ですし。
(海外購入のものにも適用されるのかな?実はよくわかってません)
今日日、そんなのバレなきゃいいじゃんとかブログでも書けませんよ。
ただ実際に作業を行ったとしても再生媒体や再生装置もアナログなので、録音ソースそれ自体にテンポの揺らぎまで録音する事になってしまうんです。
再生装置(ターンテーブル)の個体差もあると思いますが設定したテンポの±0.2をいったりきたり。
serato ScrachLive等のデジタルヴァイナルシステムで再生すればそれが確認できます。タンテの回転もムラムラしてるというわけです。
私が所持しているのは麦球LED化改造に失敗した15年物のSL1200-MK3が2台、まだ現役。
cut in/cut outでMIXするのが常であればこれはそう気にはなる問題ではないですが、ロングミックスに使用するような楽曲だと精神的にはあまりよくなかったりするわけです。
また作業にかかる時間を考えるとコスパが大変悪い、同じ曲がデジタルで売られていたら買いなおしたほうが安くつくってんですから、時は金なりですね。

こうは言っててもどうしようもない、かといって所持しているアナログを売るのはあまり気が進まない。
一度購入したアナログやCDは如何に糞曲であろうとそれを買った自分への反省の意味も込め、売るといった行いをした事はありません。
時代は変わったので自分の考え方を変えて良いのかもしれませんが、それなりに思い出もありますから。
そんな現在でもアナログでDJができている人は恵まれた環境に自分を持っていけていると思いますね。
今ではアナログでやりたくてもおいそれとできないですよ。
まずデジタルの誘惑に勝たないといけない。
デジタルDJの敷居がずいぶんと下がってきた事もあり、これからは小学生が日常会話の中で「ミックス作ったったw」なんてね。
つかミックステープを作る遊びなんて今時の子供はしないか。
こうしてやりたかった事がスキルに関係なく誰でも平等にできる。良くも悪くもデジタル化の利点の1つでしょう。
デジタルで育った彼らがこの先もアナログでプレイしている人を見てどう感じるか、というのには興味がありますけど。
映画バトルシップの戦艦と駆逐艦の関係を思い出します。

今現在アナログを多く所持していて、今後の扱いどうしよう?なんて悩みを持つ人がいたら一度話を聞かせて欲しかったりします。

それではまた。

ホームワーク

09-05,2012

私には半年前に手をつけはじめたものの、途中で挫折して以来まったく完了していない課題があったりします。
何かと言えば所有する全CDジャケットのデジタル化。

なぜそんな事をやり始めたかというと前日に記事にしたダウンロード購入が発端です。
ダウンロード購入はアートワーク画像もついてくるので、それらについてはキチンとMP3タグにて画像を埋め込んで管理し始めるようになったんですね。
するとダウンロード購入分だけはジャケット画像がついてるのに、手持ちのCDからリッピングした分についてはいわゆるブランク画像のまま、それがだんだん落ち着かなくなってきたわけです。
それ以前からもCDジャケットのデジタル化は何度か試みようと思った事がありました。が、いかんせん枚数がですね
所有500枚程なのですが、その500枚であっても全てを真面目にデジタル化しようとした時には結構な時間が必要になる事がわかりました。
思い立っては都度、所要時間を計算しては諦め、計算しては諦めを繰り返す毎日。
想像を遥かに超えてしまった時間を必要とするスケジュールができあがってしまった為、こんなの一人じゃ無理だ、真面目に人雇おう、と思い掲示板に書き込んだ事もあります。

募集内容:CDからlameコーデックでMP3を作ったり、ジャケットをスキャナでスキャン後、画像編集ツールを使って適度なレベルで綺麗に加工。音楽CDの内容は主にTEKNOです。
条件:上記内容の意味がわかる人、PC操作に長けている人、上記作業にあたりそれらツールを使うスキルがある人(指導有)、女性である事。
時間:CD500枚分ほどの作業量があります、要相談
場所:CDをスキャンする必要があるので、物を実際にあって渡せる方。要相談
時給:要相談

すぐに次の様な罵声をあびました
「TEKNOwwwwwwwwwwいまどきwwwwwwwwwwwwwww」
「スキャナもできて画像編集できるようなやつがこのスレみてるわけねーだろ!」
「だっせw」
みなさん酷いですね。

それに対して一人からも真面目な返信がこないと思っていただけに、思った以上の人達からお返事頂けたのが驚きでした。
そんなに今の世の中は仕事が無いのでしょうか。
時間かかりそうなんで住み込みでもいいですか?等怖い事まで言ってくる人がいたのを覚えてます。
煽りついでに女性条件を書きましたが実際は男性さんからいっぱい送ってくれましたし、そういう人たちからはかなりの覚悟を感じました、スキルも断然あるでしょうしね。
そんな人達に期待していたのですが、なかなか簡単に契約が成立するはずもありません。
一番の問題は条件に女性指定で皆を煽ってしまった事か^q^
ついに自ら思い腰を上げる事にしました。

まずCDケースからジャケットワーク取り出して拭く。
スキャナにいれて当倍スキャンでBMP化。
その後、画像編集ソフトでゴミや破れている部分などを塗り・スタンプツールなどで綺麗にレタッチ・加工を施して700px*700pxにリサイズしてjpg化。(junoのアートワークが700*700だったのでそれに合わせる事にしました)
ジャケットだけでなくCDの盤そのものもスキャンにかけました。
なん・・・とかスキャン作業は全ておわらせてさっさとスキャナは片づけましたが、加工が恐ろしく時間がかかります、一度凝りだすと止まらない。
止まらないどころか終わらない・・・・
なんだか無駄にレタッチの手際がよくなり段々と余裕が出てくると、その生まれた余裕以上に新しいやり方を試したり、より一層レタッチの精度を上げたり等で先に進まなく
ある日突然、ピタリと作業が止まりました。

もうデジタル化はいいや… 心が折れて(作業に飽きた)しまったんです。

まだデータだけは置いているのでいつでも作業は行える状態ですが、そう思いながらももう半年が過ぎています。
それが、いつか完了させたい私のホームワークです。

アートワークはこのような有様ですがフォルダ構成だけは確実に完璧にしています。
これどちらかというと、皆さんの方がどうしているのかという事に興味があるのでよければどうされているか教えてほしいぐらいだったりします。

ROOT
 ├ARTIST 1
 │ ├CD TITLE
 │ ├CD TITLE
 │ └CD TITLE
 │
 ├ARTIST 2
 │ └CD TITLE
 │
 ├ARTIST 3
 │ └CD TITLE
 │
 ├VA (CDタイトル) ※オムニバス、コンピレーション(WIREコンピ等)
 │ └CD TITLE
 │
 ├VA DjMix (DJ名) ※DJ MIX
 │ └CD TITLE
 │
 ├VA ST (映画TITLE) ※サウンドトラック
 │ └映画 TITLE
 ・
 ・

私は上のような感じでまとめています。
ありえないのはROOT配下に全曲(ほとんど全て)を格納していたり規則性が全く感じられない様な状況です。
そうなっている人、お願いですから整理してください…


ジョジョの奇妙な冒険というコミックに登場する虹村形兆というキャラクターに次のようなセリフがあるんです。
======================================================================
おまえは一枚のCDを聞き終わったら、キチッとケースにしまってから次のCDをきくだろう?
誰だって、そーする、おれもそーする。
======================================================================
このコミックで一番、無駄に印象に残っているセリフです。
実際共感しましたし、これができない人もいろいろ見てきました。
フォルダを整理していない状況というのはCDをケース、棚にしまわずにそこらへんにべちゃーって広げている状況と同じなんです。デジタルデータだからtagつけりゃなんとでもなると思っていますか?甘いです。甘すぎは体に悪いので反省して下さいね。
それではまた。

--------------------------------------------------------------------------------
挫折しているジャケットスキャン後の加工作業、写真に写っているのは私がテクノを聞き始めて間もない頃、同じくテクノを聴いていた友達に騙されて買ってしまったガバのCDです。
まぁ当時はガバもドラムンベースもミニマルもブレイクビーツも全てテクノコーナーで扱われていた事もあったので何の不思議も無いわけですが、おかげで私はガバを聴く度に彼の顔を思い出すようになってしまいました。










ダウンロード購入分だけはちゃんとアートワークをつけています
アートワークはいいものです





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。